| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

京大合唱団 日々の徒然


京大合唱団の日々のブログ。練習だけにとどまらず、様々なことに意欲的に取り組む団員達の息遣いを感じていただければ幸いです。
更新をリアルタイムでするのが中々難しいため、常に多少のタイムラグがありますがご了承下さい。
各声練習終了〜
0
     はじめまして!

    とうとうブログに初登場させておらえることになりました、Sec.1 たいしゅ〜ですよ!

    今日は金曜日、各声練習のルポをしたいと思います!
    といっても僕は男声なので、男声練習のことしかわからないんですけどねw

    今日はカンティクム・サクルムの一曲目「ディクシット」のラストを練習。

    宗教歌的作品なので、「グロリア」と「アーメン」というフレーズがどの曲にも全体的に共通して使われています。

    僕は敬虔なキリスト教信者ではないので、幼稚園等で聖書に触れる機会があっても「ラーメンw」とか言ってふざけていた子供だったんですけど(すみません)

    アーメンって、まことにって意味で「主よ、この私の罪をお許しください。アーメン(まことにそうでありますように)」という意味で使う言葉みたいです。

    現代ではああり馴染みのないことかもしれないですけど、神がいた時代(ニーチェ的表現)には至極当然のように神へのお祈りが日常的に行われていて、神に祈ることによって人は人であったと考えてたわけであって、そうした頃の言葉「アーメン」「グロリア」には今以上に切実で深い想いが込められていると思うんですよ。

    そうした思いを現代の僕たちが完璧に理解するのは無理だけど、できるだけ精一杯想像して、そこに近づけていきたい。

    そう思いながら今日は「グロリア」「アーメン」を歌ってみました。

    最後に出てくるgrandiosoは壮大にという意味。

    全体的には祭りのような賑やかな曲ですが、こうした落ち着いた部分でも、野性的かつ大自然との一体感を感じながら伸びやかに最後を締めれればいいかなと思いました。

    夜中に書いたので何書いてるかわからなくなったけど(笑)、とにかく演奏会まであと23(つみさん!)日。できることを着実にやっていきましょう!

    あと風邪は引きたくないですね…(悪寒)

    カッコが多い…
    |23:51| - | comments(1) | trackbacks(0) | posted by kucwebmaster -
    Comment








    ほんまや、カッコつけすぎや(笑)
    posted by モダン | 2012/11/17 11:22 PM |
    Trackback
    この記事のトラックバックURL: http://blog.kuc.main.jp/trackback/256
    << NEW | TOP | OLD>>
    LATEST ENTRY
    ARCHIVE

    (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.