| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

京大合唱団 日々の徒然


京大合唱団の日々のブログ。練習だけにとどまらず、様々なことに意欲的に取り組む団員達の息遣いを感じていただければ幸いです。
更新をリアルタイムでするのが中々難しいため、常に多少のタイムラグがありますがご了承下さい。
定期演奏会
0
    こんにちは、Sec.3のサイダーです!

    昨日、第86回定期演奏会が無事終演いたしました。定期演奏会は我が団のこの一年の集大成となる場で、それにふさわしい演奏ができたと個人的には思っております。ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました!
    さて、定期演奏会が終わると、次の世代へとバトンタッチとなります。私も運営の中心から退くこととなりました。あっという間の一年でしたが、でもその中に思い出がぎっしり詰まっていて、本当に充実した時間を過ごすことができました。改めて、京大合唱団に心から感謝したいと思います。ありがとうございました!

    |12:47| 演奏会 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by kucwebmaster -
    春の発表会
    0
      こんにちは!京大合唱団トップテナー2回生のペヤングです!
      ゴールデンウィークも近づき、旅行やお出かけなど、何かと楽しみなことが多い時期になりましたね!

      去る4月25日(土)に、我々京大合唱団は春の発表会を開催いたしました。今回は、例年とは違いホールではなく教会で開催するということもあり、いろいろと不安なこともありましたが、たくさんの新人さん、お客さんに来ていただき、大盛況となりました!

      私自身としては、役職に就任して初めての演奏会であったこと、そして男声ステージでソロという大役をいただいたということもあり、非常に緊張していましたが、何とか成功させることができ、達成感のある発表会になりました!

      京大合唱団は5月8日(金)から練習を再開し、6月の合唱祭、7月のサマーコンサートに向けて練習をしていきます。次の演奏会も素晴らしいものにできるように団員一同精一杯練習していきます!まだまだ新人さんも募集しているので、ぜひぜひBOXに遊びに来てください!
      |13:21| 演奏会 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by kucwebmaster -
      京大・広大 Joint Concert 夏、3つの流声群
      0
        こんにちは。初めての方は初めまして!バリトン2回生のユーキャンです。



        一週間前、ついにJoint Concert が開催されました。私はこの演奏会の実行委員長のようなものをしていたのですが、ひとまず無事に開催できてほっとしています。一方で、一週間しか経っていないのに懐かしいような寂しいようなよくわからない気持ちです。



        個人的には、あっという間に感じられるほど楽しかった、というのが第一の感想です。

        広大さんとの合同合宿、斉田先生の指揮、細見先生のピアノ…からのオペラコーラスまで、本当に楽しくあっという間の3日間でした。

        パストラールさんはとても賑やかで楽しい雰囲気の団で、色々な刺激を受けることもでき、Jointしていただいて本当に良かったと思います!ありがとうございま

        したそしてお疲れ様でした!





        こんな素敵な演奏会に、実行委員長という形で深く関われたことが本当に幸せで、この演奏会に関わっていただいた皆様、ご来場いただいた皆様には感謝してもしきれません。

        皆さん、本当にありがとうございました!







        -----
        |12:02| 演奏会 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by -
        中期コンサート
        0
          こんにちは、女声指揮者をしているAlt.3みやこです。

          8月13日は中期コンサートでした。

          我々の団は、前・中・後期に分かれているので、これで1年のうちの2/3が終わりました。早いものですね……。



          今回、女声は「妖精模様」という曲集をやりました。

          このレパは、題名の通り不思議な世界を題材としております。シンプルな和音ばかりでしたが、メロディーが幻想的で素敵な曲ばかりでした。

          リズムは難しくて、毎回皆で練習の前に5拍子の拍手練習などをしたりしました。でも色々な練習をこつこつ真面目にした成果を、本番に持って行けたと思いました。



          今年は女声は例年と違い、中・後期別レパという事で、この「妖精模様」 ともお別れと思うと寂しいですが、新たなレパを迎えて後期まで頑張って行きたいと思います!


          -----
          |09:42| 演奏会 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by -
          春の発表会
          0
            こんにちは、女声指揮者をしておりますアルト3回生のみやこです。
            さて、23日(土)には春の発表会がありました。京大合唱団の新しい体制での初めての演奏会です。今年は例年よりもお客様がたくさんいて、とてもテンションがあがりました!来て下さった方、本当にありがとうございました。

            女声ステージでは、信長貴富作曲の「空の名前」という曲集の1、3、4、5曲目を扱いました。
            1月から練習に練習を重ねた結果、本番では普段よりも皆が生き生きとまとまっていて、終曲の「夕焼け」の最後の和音が決まった時はとても嬉しかったです!

            今回はピアノもあり、メリハリのある曲だったので、なかなか迫力のあるステージに仕上げられたのではないかなぁと思います。

            これからまた新人を迎えて、もっともっと精進して、中期演奏会・定期演奏会へ向けてがんばりたいと思います!


            -----
            |21:50| 演奏会 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by -
            定期演奏会
            0
              こんにちは。2010年度の男声指揮者だったBas.新4のさっさーです。

              去る12月5日(日)は、第81回となる定期演奏会でありました。

              来て下さった皆様、ありがとうごさいます。



              僕が指揮をした男声ステージについて少しお話を。

              曲は三好達治作詩、木下牧子作曲の『Enfance finie』でございました。

              最後の3週間で怒涛の追い上げを見せ、本番で化けた団員。

              素晴らしいピアノを弾いてくださった木下亜子先生。

              ご指導くださった諸先輩方。

              愚痴を聞いてくれた人々(笑)

              城陽まで足を運んでくださったお客様。

              多くの人の力や助けによってできたステージでした。



              色々山あり谷ありでしたが、全ては積み重ねであるという、当たり前ですが大事なことを身をもって実感できた1年間でした。

              練習したことは本番に出るし、本番でいきなり何かができるようになることもありません。



              さて、僕が学生指揮者を務めた1年は終わりですが、各人にとっても、京大合唱団にとっても音楽の道はずっと続きます。

              昨年度できたことはそれを認め、逆にやり残したことや誤ってしまったたことを克服し乗り越え、より良い演奏を目指していきたいものです。

              ではでは。

              |17:36| 演奏会 | comments(1) | trackbacks(0) | posted by -
              男声ジョイントコンサート
              0


                こんにちは!酷暑が続く中いかがお過ごしでしょうか。joint渉外(略してJ渉)をやっている、バリトン2回のあおべえと申します。

                8月13日(金)、城陽市の文化パルク城陽にて、我らが京都大学男声合唱団が主催となって男声四大学JointConcert2010“勇猛歌漢”を敢行いたしました。今回は北海道大学合唱団、岡山大学男声合唱団コール・ロータス、九州大学男声合唱団コールアカデミーとのジョイントコンサートで、合同ステージの客演指揮者として横田諭先生をお呼びして行いました。私はjoint渉外として、演奏会の運営など裏方の仕事を務めさせていただきました。



                これほど大規模のジョイントコンサートは多くの団員にとって初めての体験であり、大人数で奏でる合唱の迫力や横田先生のダイナミックな指揮に終始感動していました。演奏会前には四大学合同の合宿もあり、他の様々な合唱団の雰囲気、歌い方、気質などを肌で感じることができました。

                演奏会当日はお盆前にもかかわらず多くの方にご来場いただきました。各大学ごと個性あふれる演奏を行い、最後に四大学合同、総勢180人強で黒人霊歌を熱唱しました。金管楽器やステージパフォーマンスも取り入れた、非常に愉快な(ある意味強烈な)演奏になりました。観客にも歌い手にもパワーを与える、素晴らしい演奏会になりました。

                ジョイントコンサートでは、各団がそれぞれの方法で磨いてきた合唱技能や表現を一度にすべて見ることができ、まるで宝石箱を覗いているかのような感動が得られます。

                私たちはこれからも様々な形式でジョイントコンサートに挑戦していきますので、興味がある方は是非ご来場ください。その時その時で全く異なった魅力をお見せすることができることでしょう。



                2010chuki_gasshuku.jpg



                -----
                |23:39| 演奏会 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by -
                漢だけのアツいジョイントコンサート
                0
                  こんにちは。男声指揮者のBas.3さっさーです。

                  去る8月13日には北海道大学合唱団、岡山大学男声合唱団コール・ロータス、九州大学男声合唱団コールアカデミー、そして我々京都大学男声合唱団の四大学によるジョイントコンサートがありました。

                  各大学が一つずつ単独ステージを持ち、最後に九大コールアカデミーの常任指揮者である横田諭先生の指揮で合同ステージを歌いました。





                  まずは京大の単独ステージから。

                  多田武彦『優しき歌』。



                  4月の春の発表会後から一回生を加えて始まった練習。なかなか定着しない音や表現、課題山積の発声などあまりにも手強い困難たちを前に一時はどうなるかと思ったものの、本番は納得のいく演奏ができたと思う。小さいミスもあったけれど、お客様に何かしらの愛を伝えることができたのではないでしょうか。

                  終曲で「もうこのステージ終わりか。もうちょい降っていたい」と思ったのは秘密です。

                  先輩方にもお褒めの言葉を頂き、やってよかったと思えるステージでした。







                  お次は、合同ステージです。

                  黒人霊歌。

                  練習でも暴れていた横田先生が本番では弾けました(笑)しかしそれすらも計算のうち。練習でも本番でも、黒人霊歌に込められた祈りを存分に表現するため、横田先生の言葉や指揮は全てに意味と魂がこめられていました。

                  それを吸収した上で、我々も楽しく積極的に歌うことができました。



                  ロビーコールはテンションに任せてブッ飛んだ。それだけです(笑)





                  そして演奏会後のレセプション、二次会。酒と語らいの場です。合宿から時間を共にした違う大学の合唱人との語らいは、アホな意味でも楽しく、しかも違う環境にいる人のことを知る有意義な場でもありました。

                  男だけの場はむさ苦しく、華がないものですが、互いの演奏を聴きあい、何より合唱という一つのものに皆でがむしゃらにアツくなれたことが素晴らしかった。





                  男声合唱万歳!四大学の未来に栄光あれ!





                  また各大学で精進した後、再会できることを信じつつ。





                  ではでは。

                  |11:07| 演奏会 | comments(1) | trackbacks(0) | posted by -
                  女声中期演奏会
                  0
                    こんにちは、アルト2回生のみやこです。

                    今日は京都フラウエンコールSummerConcert2010でした。ここ1週間は毎日歌いこみなどを行い、皆精一杯頑張ってきました。その、たくさんの努力の結晶です。短期間で3ステージを作るというのは大変ではありましたが、しかしその分達成感はひとしおです。それが自己満足で終わらず、会場にいらっしゃったお客様に喜んでいただけていたら幸いです。

                    フラウエンコールの皆様お疲れ様でした。そしてバックアップさんありがとうございました!

                    女声の中期の活動はこれで終わりです。思う存分夏休みを楽しみましょう!

                    |23:01| 演奏会 | comments(1) | trackbacks(0) | posted by -
                    春の発表会
                    0
                      こんにちは、今年この団で混声の指揮者をさせていただいております、Top.3のメンデルです。





                      昨日は春の発表会でした。来て下さった皆様、本当にありがとうございました!





                      さて、僕のほうからはまず、3ステについてつらつらと書かせていただきます。



                      この演奏会の最後のステージでは、男声と女声が集い、混声合唱曲集「旅のかなたに」より、しあわせよカタツムリにのって、それは、足、旅のかなたに、の4曲を演奏させていただきました。



                      手前味噌ではありますが、良いステージになったのでは、と思います。一曲目を良い意味での冷静さを持って演奏し、2曲目は晴れやかに歌い上げ、3曲目は凄みが声に現れていました。そして4曲目では終曲にふさわしく、力強く、ドラマティックに演奏できていたのではないでしょうか。指揮を振っている位置では、そのように聴こえました。



                      もっと表現したかったことは、正直言えばあります。でも、見どころのある演奏を歌い手の一人一人、演奏の場にいた一人一人がすることができたのではないでしょうか。





                      また、2曲目から4曲目まではピアノ伴奏があり、そのパートを木下亜子先生に弾いていただきました。いや、なんというか、素敵です。ご一緒できてほんとに楽しかった。良い経験をさせていただきました!



                      聴いてくださったお客様に京大合唱団の爽やかさと漲る活力を感じていただけたのでは、と思います。



                      そして、アンコール。

                      今年度からやってきてくれた新人のみんなと一緒に木下牧子作曲、谷川俊太郎作詞の「春に」を演奏しました。 フレッシュ!まさにフレッシュ!!これからの京大合唱団が楽しみです。







                      新しい仲間も加わった京大合唱団、より一層素敵な演奏ができるようがんばります!楽しんでいきましょう!

                      -----
                      |21:02| 演奏会 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by -
                      | 1/2 | >>
                      LATEST ENTRY
                      ARCHIVE

                      (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.